あらためて営業時間のお知らせ、と。

いつもありがとうございます。

遠近 をちこち の営業時間についてお知らせします。

  

OPEN /12:00 - 19:00

喫茶ラストオーダー 18:00

定休日 / 木・金  

定休日以外にイベントに伴う売場変更などで休業する場合がございます。

インスタグラムアカウントのハイライト からもご確認下さい。



年末は12月30日(水)まで

新年は1月2日(土)より営業します。(大晦日・元旦のみ休業)


 

1月以降の営業予定につきましては、少しお知らせが遅れる見込みです。

ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いします。

 

 

カウンターに藍の乾燥葉と「すくも」の見本を置いてます。

ご興味ある方はお声掛け下さい。


 

 

 

ご来店いただくお客様へお願い。


*感染症予防のため、入店の際には必ずマスク着用と手指のアルコール消毒をお願いいたします。

定期的に大きく換気しておりますので、暖かくしてお越しください。

 

 

*喫茶ご利用のお客さまは、1組2名様まででお越しください。

  3名までは、店内の状況により対応致しますが、4名以上の入店はお断りさせていただいております。

大きな声での会話はお控えいただき、会話時にはできるだけマスク着用をお願いします。

飛沫拡散予防のためでもありますが、

遠近では工藝を扱っておりますので、先ずは静かに物と対峙できる環境を作りたいと考えています。

 

  

*売場での写真撮影はご遠慮いただくこととしました。

また、お子さまの立ち入りは基本ご遠慮いただけますようお願い申し上げます。

(喫茶でオーダーいただいたもののみ撮影いただいて結構です)

 

  

*駐車場では車のエンジンはお切り下さい。

遠近はとても静かな場所にあります。ご近所の理解がなければ、お店を続けてゆくことができません。

ご協力いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。

 

お店作りに問題があるのかもしれないけれど、どうしても写真だけ撮りにくる方が多くて。

特に壁の前で記念撮影する小さなお子さん連れの方も、神山をはじめ県内を視察して廻って同じ感じでカシャカシャ撮って「これどうやって作ったんですか?」とお声掛けいただく方にも、もちろん悪気はないと思うんです。

 

だから聞かれたら「遠目から1.2枚ならどうぞ」という対応だったのですが、限りなく撮られてしまううえ「トイレ貸してください」「じゃあ、私も私も私も」と必ず連れションになって、「それでは行きましょうか」と何も買わずに帰られるとそれなりに疲弊します。


エントランスに「トイレだけのご利用はお断り」とか書いてる店はちょっと嫌なので、書けないですが、、、

ここは、郊外の大きなショッピングモールや道の駅でもないので。

 

何も買ってもらえないのは、品揃えが悪いということでもあるけれど、こういった方を延々と受け入れていては、

いつになってもいい仕入れはできないし、お店自体も続かないと考えました。

 

きちんと物選びされるお客様のためにも、売場での写真撮影はお断りさせていただいて、

お子様の立ち入りも原則としてはご遠慮いただくこととします。

ただ、現在までに何度もお店に通っていただき、関係の構築できているお客様や、

事前に取材のお約束をしていただける方につきましては、その限りではありませんのでご安心ください。

むしろそういった方にこそ、発信してほしいと考えています。

 

 

確かに僕も会社員の時は「ベンチマーキング」「競合店調査」の研修を受けていました。

ただプライベートで d&department 行ってもPOSTALCO 行ってもTRUCK行っても写真は撮らなかったです。

それは、お店に対する尊敬や感動があったからで、ここはまだまだそういうレベルじゃないとも言えるのかなと。


先ずは静かに物と対峙できる環境を作る、この努力を続けます。

 

 


 


もうひとつボヤくと。


「自分のタイムラインにこの店も並べたい」というのと

「都合の良い委員を並べたい」という行政職員の発想は近い。


公人が、店や人をアクセサリー程度に考えていることに気がつかないのは痛い。

無自覚過ぎる。自分で関係を創り出す活動や努力はしないのに印だけは欲しい。

 

他の子のおもちゃが欲しくなる子どもか、

身の丈に合わないブランドのバッグを欲しがるのと同じレベルか、それ以下だ。

 

委員の方には、本当に良くしたいと考える人もいれば、「お飾り」で構わないという割り切った人もいる。

本来、前者のような方で構成されるべきだ。

後者には後者の人なりの行政へのアプローチがあると考えることもできるが、その職責について検証する必要はあるだろう。ただ「センスのない役人の片棒担ぎ」を続けるならもう退場すべき。

 

そして「本当に良くしたいと考える人を欺く」のが行政の仕事ではないだろう。

このまま大きな税金を投入しても、イマイチなホールができる予感がしているのは、多分、僕だけじゃない。


とにかく、せっかく作るという音楽ホールには、今のところ何の期待もできない。

このどうにもならないいまの徳島は、何処か国政と似てる。


印を並べて、自分や自分の仕事を実態より良く見せることと、

本当に意味のある事業をつくることとは違う。

 

印を並べて、自分や自分の仕事を実態より良く見せることと、

本当に意味のある事業をつくることとは違う。

 

大事なのは内実で、エネルギーの向かう方向を間違えないこと、

本来の目的は何なのかを、常に問い直すことだと僕は思う。