シャコタンマグ


尊敬する作り手のひとり、齊藤十郎さんのマグカップ。

個展の時も数個、出品してくれていたのだけれど、他にないフォルムで気に入っていた。

 

 

東尾:十郎さん、あのペシャってなったマグが欲しいんだけど

十郎:ああ、シャコタンね

 

東尾:シャコタン!?ああ、なるほど!

十郎:面白いでしょ

 

 

車高を落として、タイヤが外にはみ出した「あの感じ」のシルエットであるが、(めっきり徳島では見かけなくなった気もする)十郎さんのマグは「ブイブイいわす」感じはなく、むしろ上品にまとまっている。

 

いま「心惹かれるいいデザインを3つ挙げてください」と言われたら、ひとつはこのマグを迷わず選ぶだろう。

 

 

ただ民藝とは違う。

 

 

何が違うかは考え続けなくてはならない。

でなければ、天才ではない自分が先人の仕事に近づくことはできないし「いいデザイン」はできない。

 

「いいデザイン」とはあくまでも手段であって目的ではない、そして形を作るだけでもない。

それは編集についても同じことが言える。

 

 

え?あと2つ?なんですか?

そうですね、いろいろあるけど・・・詳しくはお店でどうぞ。

 

十郎さん、示唆に満ちた良い仕事をありがとうございます。