初夏へ向かう。

最近は歳のせいか目がチカチカして本が読みにくかったりするから、

外にでて向かいの山を見上げては、どの木から新芽が出るのか観察していた。


花が終わる頃に、欅の新芽が出始める。

この両立しない世界の儚さを受けとめながら、自分が生まれてから50回目の桜を心に留めた。


そろそろ心のエンジンをかけ直して、初夏へ向かう。