宝島染工展、終了しました。

会期を延長して開催しておりました「宝島染工展」終了しました。

ご来店いただいた皆さまに感謝申し上げます。

また来年もチャレンジしたいと思っております。ありがとうございました。

 

*4月26日(月)売場変更の為、臨時休業致します。

 

インスタグラムにUPしたこの写真、何だか好評でした、、

かまパン&ストアの ”パンを焼き続ける人” ダイスケさん。いつもありがとうです。

 

この定番の「切替リネンシャツ」は、生地にハリと厚みがあって、これを藍で染めると、さらにボリュームと存在感を増してくる。宝島染工の製品群の特徴のひとつには「染色側からの生地選び」があると感じました。

 

僕が常に触れている「阿波藍灰汁建て」の染料なら、リネンを染めてここまで鮮やかな色にはならないかなと・・・もちろん、どちらが良いとか優れているといった話ではなく、それぞれの着地点がある。ただ、宝島染工の製品群は「日本製の製品染」という難しいところにチャレンジしていて、これからもっと良い製品が作られてゆく予感がある。

 

長く考え続けていることだけど、

徳島の藍はどうだろうか、これからどんな製品を生み出すべきだろう?

 

さあ挑戦は続く。