小さな共感を育てたい 4.

行政が藍の事業を主催することが悪いことではないが、

デイレクターの立場になって、内容まで決めてしまうことには断固として反対します。

藍を知らない者、知った風な者、そもそも愛情が無い者には、藍の企画をするなど、どう考えても無理です。

良くてもこれまで通りの予算の消化で、事業を託す人も間違えます。

事業を託す人を間違えれば、共に成長する機会を失います。

 

先ずは、徳島の藍を伝えるにはどうするべきか、学び考える機会が必要です。

僕はこれから藍に関わりたいという人の為に「確かな手がかり」になるような仕事、事業を残したい。


内から湧く強い気持ちがある。まだまだ挑戦はこれから。

勇気がなければ、幸運は訪れない

悩んだら、自分にとって苦しい道を選べ