自分らしさを纏う

自分らしさを纏う/MOTHER HAND artisan 受注会

2022 11.26 sat - 11.28 mon

 

MOTHER HAND artisan は、ベルギーブリュッセルで創業したニットウェアブランド。

”慎ましやかで上等であること” をコンセプトに、今では殆ど目にしなくなった「手横編み機」で編まれ、

アームホールなどを手縫いで縫い付ける、完全なハンドメイドにより生み出されています。

 

本会は受注会となります。

仕上がりまでは約2-3ヶ月を予定しておりますので、予めご了承ください。

"人はどのようにして衣服に愛着を持つのだろう?そこには他者からの視線に応じるだけではなく「自分らしさ」を大事にしたい気持ちがあるはずだ。母国を追われながらも懸命に生きる人々と出会い、時に怒り涙し、自身のルーツと向き合うことで完成したデザインには「日本人の矜持」が編み込まれているのだと僕は感じた"

  めぐる、9 2022 3-4月号 Made in Local.より/Photo 生津勝隆


MOTHER HAND artisan




 

 

  

 

 

MOTHER HAND artisan の受注会は2年ぶり3回目となります。

永井大作さん、はま子さんのお二人が手がけるこのニットブランドです。

  もちろん、以前からいろいろお話は聞いていたけれど、めぐる、9号のMade in Local.で取材をさせていただいて、あらためて二人のことが好きになったし、このニットが手放せないものとなりました。

 

移民として欧州の社会問題と対峙したことで「生き抜いてゆくことの厳しさ」を肌感覚で理解していることが二人の強さであり、ブランドの根底にある魅力なのだと。僕はこのことを誰よりも深く理解し、二人のファンでいたいと思いました。それは二人の生きる強さに対する憧れでもあります。

 

ニットは真冬のイメージが強いですが、僕はモデルによっては10月中頃から5月初旬まで着ています。

半年以上、ほぼ毎日着ていることになりますね、、だからでしょうか毎年一着欲しくなります。

 

年数を経たものがより着心地が良いこともお伝えしておきます。

だから今年もオーダーします!ご来店お待ちしております。

サンプルがずらりと並びますので、まずはモデル(形)、次に糸の色を選んでいただきます。

仕上がりは2~3ヶ月を予定しておりますので、予めご了承下さい。


お支払いは現金、またはVISAカードがご利用いただけます。 基本前払いでお願いしておりますが、内入金も賜りますのでお気軽にお声掛け下さい。


会期中は、永井大作さん、はま子さんお二人が在店されますので、是非会いに来て下さい。

さあ、豊かでいい冬にしましょう!