再読

いとうせいこうさんの「想像ラジオ」を再読しました。

震災後に読んだ本の中でも印象に残っている一冊です。

"いつからかこの国は死者を抱きしめていることが出来なくなった。それは何故か?"

 

めぐる、の連載 Made in Local. の取材で、徳島県南部の町「由岐」へ何度か足を運んだことで、

もう一度、読んでおきたいなと感じて。

 





お話を伺うことができた、筋野さん夫婦は10年前の3月11日も漁に出ていたそうです。

県南では "ナガレコ" と呼ばれるトコブシ(貝)を取るために海に入るのだけど、

奥様が「今日は潮の流れがおかしい」と感じ、漁をやめてすぐに海からあがったそうです。


その後、港内は底が見えるほど引き、真っ黒な水が何度か川を遡った。

  由岐公民館の酒井さんは、近所の高齢者に付き添い避難をはじめるが、「今、津波がきたら死ぬな」だが「自分ひとりで逃げることはできない」と。海を振り返った時に覚悟を決めたと話してくれた。


この海も三陸の海と繋がっている、それは地理としてではなく心で。