Made in Local.とは何か

打ち合わせが流れたので、次の連載記事の調べごとを。

文字のことを調べていると、すぐに行き詰まってしまって、、

日本民藝館の鈴木さんにお願いして、雑誌民藝のバックナンバーを送っていただいた。

 

松井 健 先生の記事から大きな気づきがあって、このあとの取材次第では良い内容にできるという予感がしてきた。

だが、この気づきだけでは何にもならないし、取材で事実を確認するだけでも足りない。

 

Made in Local. は、この土地で重ねられてきた物事を、何度も咀嚼しローカルの価値を見出すこと。媒体を通じアウトプットすることで、この行為を「社会と繋がる意味のある仕事」とすることです。自分がお店を通じて伝えて続けてきたことも、大学を通して藍に関わらせていただいていることも、「めぐる、」に書かせていただいていることも。これらはアウトプットの形状が違うだけで、その根本は同じです。

そして同じ方向への力強いベクトルを、幾重にも重ねるような生き方こそが、社会を変えてゆく可能性を生み出すのだと信じています。

 

次号も楽しみにしていて下さい。

阿波晩茶はアイスでも美味しい。

一煎目のフレッシュな感じも好きだけど、二煎目のほっとする夏休み感も好きです。